税理士に依頼しよう|プロに任せるメリット

税金で悩まない

男性

さらに注目されている制度

相続税の改正により大幅な増税となりました。少しでも節税をしようと多くの方が、税理士などに相談に訪れています。高齢化社会となっている現代の日本では、今後相続が発生することが多くなると予想されています。そのため多くの方が節税の方法を探しており、節税効果のあるアパートの販売などは盛況となっています。そのような状況の中で、注目を集め相談が増えている制度があります。それは子や孫への教育資金の一括贈与制度です。2013年より開始された子や孫への教育資金の一括贈与制度は、開始当初から大きな注目を集めており、相続税の増税によりますます利用者が増加しています。子や孫への教育資金として贈与する場合には、1500万円までが非課税となるため大きな相続税の節税効果があるのです。

贈与税が課税されない

相続税の節税効果がある贈与には、生前贈与が最も知られています。この生前贈与では、1年間に110万円を超えた贈与を行った場合には、贈与税が課税されるデメリットがあります。しかし子や孫への教育資金の一括贈与制度では、1500万円までであれば贈与時に贈与税は課税されません。また贈与を受けた者が30才になるまでに贈与された資金を使い切れば、贈与税はまったく課税されないのです。贈与税が課税されない上に、贈与した資金分が相続財産が減るため相続税の節税効果があります。相続財産が減るとは言っても、子や孫への教育に使用するため無駄になることはないのも大きなメリットです。この制度を利用するためには、老後資金などを考慮しなければなりません。贈与をしたがために病院代も払えないという状況にならないためにも、ファイナンシャルプランナーに相談しながら行うといいでしょう。また相続税のことも考慮しなければならないため、税理士に相談することも忘れてはいけません。